• 本

三途の川のおらんだ書房 迷える亡者と極楽への本棚

文春文庫 の23−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-16-791609-1
4-16-791609-6
税込価格 803円
頁数・縦 305P 16cm

商品内容

要旨

三途の川べりに佇む“おらんだ書房”では、艶やかな着物をまとった陽気な店主が「人生最後にして最上の一冊」を選んでくれるという。客は子供から老人まで生前に大きな未練を残した死者ばかり。そのひとりひとりの人生の物語に優しく寄り添い、店主は成仏へと導く本を探すが―。本好きに贈るビブリオ・ファンタジー。

著者紹介

野村 美月 (ノムラ ミズキ)  
2001年、『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門“最優秀賞”を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)