• 本

芝公園六角堂跡 狂える藤澤清造の残影

文春文庫 に18−5

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-16-791612-1
4-16-791612-6
税込価格 715円
頁数・縦 185P 16cm

商品内容

要旨

ここ数年、惑いに流されている北町貫多。あるミュージシャンに招かれたライブに昂揚し、上気したまま会場を出た彼に、東京タワーの灯が凶暴な輝きを放つ。その場所は、師・藤澤清造の終焉地でもあった―。何の為に、自分は私小説を書くのか。静かなる鬼気を孕む、至誠あふれる作品集。巻末には新たに「別格の記」を付す。

著者紹介

西村 賢太 (ニシムラ ケンタ)  
1967年、東京都生まれ。中卒。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『暗渠の宿』『二度はゆけぬ町の地図』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)