• 本

長崎とコロナウイルス 第14回長崎文献社文化フォーラムレポート

長崎文献社ブックレット

出版社名 長崎文献社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-88851-353-1
4-88851-353-8
税込価格 880円
頁数・縦 115P 19cm

商品内容

要旨

近代日本の衛生行政を形作った官僚、長与に学ぶ。「コロナウイルスとの戦い」に倒すべき相手はいるか。二講演を収録。

目次

第1章 コロナウイルスと長与専斎の先見
第2章 Withコロナ時代と長崎

著者紹介

小島 和貴 (コジマ カズタカ)  
The University of Texas‐research fellow、桃山学院大学法学部准教授を経て、桃山学院大学総合研究所長、同評議員、同法学部教授、博士(法学)(慶應義塾大学)。専攻は行政法
山本 太郎 (ヤマモト タロウ)  
長崎大学医学部卒業。京都大学医学部助教授、外務省国際協力局課長補佐等を経て、長崎大学熱帯医学研究所教授。日本登山医学界認定山岳医。専攻は国際保健学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)