• 本

ホテル・ネヴァーシンク

HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS 1962

出版社名 早川書房
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-15-001962-4
4-15-001962-2
税込価格 2,090円
頁数・縦 329P 19cm

商品内容

要旨

ニューヨーク州、キャッツキル山地の山あいにそびえる“ホテル・ネヴァーシンク”。ポーランド系ユダヤ人のシコルスキー一家が1930年代に大邸宅を買い取って開業したこのホテルはやがて、トルーマン大統領にも愛される、アメリカ屈指のリゾートに成長する。しかしあるときからホテル周辺で子供たちの行方不明事件が起こるようになりホテルの人気は凋落。その裏には、一家の抱える秘密があった…。ホテルを取り巻く人々の語りによって真相が暴かれるゴシック・ミステリ。エドガー賞最優秀ペーパーバック賞受賞作。

出版社・メーカーコメント

ニューヨーク州の山地にそびえ立つホテル・ネヴァーシンク。大統領も宿泊に来る人気ホテルだが、子どもが行方不明になる事件がたびたび発生していた。どうやら経営者一族の抱える秘密が関わっているらしい。洋館ホテルを舞台に展開するミステリと家族の年代記

著者紹介

プライス,アダム・オファロン (プライス,アダムオファロン)   Price,Adam O’Fallon
1975年ロサンゼルス生まれ。コーネル大学で美術学の修士号を取得。2016年にThe Grand Tourでデビューして以来、文芸誌やウェブマガジンで短篇やエッセイを数多く発表している。2019年に上梓した第二長篇である『ホテル・ネヴァーシンク』はアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀ペーパーバック賞を受賞した。ノースカロライナ州カーボロ在住
青木 純子 (アオキ ジュンコ)  
早稲田大学大学院博士課程満期退学、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)