• 本

星星の火 2

双葉文庫 ふ−21−03

出版社名 双葉社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-575-52426-0
4-575-52426-3
税込価格 869円
頁数・縦 398P 15cm
シリーズ名 星星の火

商品内容

要旨

警視庁保安課の上月は、中国人売春組織を捜査する過程で“赤い虎”という名を耳にする。一方、中国語通訳捜査官の城も、池袋で発生した殺人事件から“赤い虎”にたどりつく。―新興チャイナタウン・東京の池袋を舞台に、事件の裏にいる人間の姿を描くとともに、捜査に従事する警察官たちの心情をも描出した新感覚の警察小説。

出版社・メーカーコメント

警視庁保安課の刑事・上月は、女子高生の売春組織を捜査していた。やがて中国人を中心にした別の組織を捕らえると、〈赤い虎〉なる存在を知らされる。一方、中国語の通訳捜査官・城は上月から聞いた〈赤い虎〉を探るべく動く。そして、池袋で起きた殺人事件からその端緒を?む。事件の真相解明はもちろん、上月と城の私生活を巧みに織り込んだ警察小説のニュースタンダード。人気シリーズ待望の第2弾!

著者紹介

福田 和代 (フクダ カズヨ)  
1967年兵庫県生まれ。神戸大学工学部卒業。2007年、航空謀略サスペンス『ヴィズ・ゼロ』を上梓しデビュー。クライシスサスペンスやミステリー、警察小説のほか、航空自衛隊の楽隊を描くなど多彩な作品を発表。堅実な取材に立脚した豊かな物語の構成に定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)