• 本

密やかな結晶

新装版

講談社文庫 お80−5

出版社名 講談社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-06-521464-0
4-06-521464-5
税込価格 902円
頁数・縦 445P 15cm
シリーズ名 密やかな結晶

商品内容

要旨

その島では、記憶が少しずつ消滅していく。鳥、フェリー、香水、そして左足。何が消滅しても、島の人々は適応し、淡々と事実を受け入れていく。小説を書くことを生業とするわたしも、例外ではなかった。ある日、島から小説が消えるまでは…。刊行から25年以上経った今もなお世界で評価され続ける、不朽の名作。2019年「全米図書賞」翻訳部門最終候補作!2020年「ブッカー国際賞」最終候補作!

出版社・メーカーコメント

2019年度全米図書賞翻訳部門、2020年度ブッカー国際賞最終候補作。「自由」の意義が問われる今、世界に響いた小川洋子文学。

著者紹介

小川 洋子 (オガワ ヨウコ)  
岡山市生まれ。早稲田大学文学部卒。1988年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。’91年「妊娠カレンダー」で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞、同年『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花賞、’06年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞、’13年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。’20年に『密やかな結晶』の英語訳が日本人作品で初めてブッカー国際賞の候補になる。同年、『小箱』で野間文芸賞受賞。海外での評価も高い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)