• 本

子育て後に「何もない私」にならない30のルール

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-16-391300-1
4-16-391300-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

「やらない子育て」でいい。経済的自立を諦めない。「ついで夫」が「サステナブル夫婦」を作る。子、夫、親のお世話で終わらない。女性は生き方を「何度も」選べる!…『世界最高の子育て』著者が提言する、人生100年時代、すべての女性が知っておくべきこと。

目次

1 子育て編・昔ながらの「いい母」に縛られない!―「いい母」はママの自己肯定感を下げる(「マミーギルト」を捨てる―「ダメなママでごめんね」はもう必要なし
スーパーマザーと比べない、憧れない―スーパーマザーとは「女性はこうあるべき」に縛られた人 ほか)
2 仕事編・経済的自立を目指す―人生の自己決定権を握り続ける(経済的自立がなければ「人生の自己決定権」を失う―人生の主導権は自分で握る
お金を使ってでも「時間」を作る―子育て後の準備は今から始める ほか)
3 人生編・自分の人生を生きるためのマインドシフト(働くママの子はトクをする―預けることで得られるメリット
人生には「いい波」を見送るときもある―スピードが遅くなることを受け入れる ほか)
4 家庭編・早いうちから「サステナブル夫婦」になる(幸せに妥協する―「サステナブル夫婦」になるコツ
「感情」ではなく「論理」で伝える―「不満」も「要求」も我慢しない ほか)
5 親編・選ばなかった人生を後悔しないために(「選ばなかった人生」に呪われるな―自分で決めたことだから後悔しない
親の呪縛から自分を解放する―親を幸せにするのは子どもの仕事ではない ほか)

出版社・メーカーコメント

「子育て」と「仕事」、どっちが大切? 完璧なママでいながら、きっちり働くことを求められる令和の女性のための、生き方指南。

著者紹介

ボーク 重子 (ボーク シゲコ)  
ICF(国際コーチング連盟)会員ライフコーチ。ワシントンDC在住。英国で現代美術史の修士号を取得後、1998年渡米、出産。2004年にアジア現代アートギャラリーをオープン。娘スカイは2017年「全米最優秀女子高生」コンクールで優勝。現在は日米での講演会に加え「ボーク重子の非認知能力を育む子育てコーチング」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)