• 本

辺境都市の育成者 2

再来の宝玉

富士見ファンタジア文庫 な−7−2−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-04-073544-3
4-04-073544-7
税込価格 715円
頁数・縦 318P 15cm
シリーズ名 辺境都市の育成者

商品内容

要旨

「人類最高の宝飾師“宝玉”の師と言っていいのかな?」辺境都市の廃教会に二年ぶりに帰ってきた、特階位冒険者レベッカ。『育成者』ハルとの再会の場面に現れたのは、今は亡き姉弟子の孫・タバサだった。自分の行く末に悩む彼女を廃教会に招待したハル。抜群の指導力で彼女の秘められた才能を発見しながらも、優しく道を指し示していく。本当の妹が出来たようなレベッカも彼女に接することで自分の目標を再確認し、自らの力に磨きをかけていく。だが、その裏ではタバサたちとハルを狙った大いなる陰謀が渦巻いており!?『育成者』伝説は、新たなる弟子候補を巻き込んで次なるステージへ!

出版社・メーカーコメント

新たなる弟子の陰で、”育成者”の過去に迫る騒動が始まる!?ハルの指導から2年。雷龍を倒し、特階位になったレベッカ。辺境都市に一時帰還すると、新たなる弟子候補の少女たちが現れて……。さらに、『育成者』ハルの過去と新たなる弟子に関わった陰謀に巻き込まれ――!?

著者紹介

七野 りく (ナナノ リク)  
第3回カクヨムWeb小説コンテスト、異世界ファンタジー部門にて「公女殿下の家庭教師」で大賞を受賞。同作品でデビュー。『辺境都市の育成者』で、同コンテスト特別賞及び読者賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)