• 本

ナゾトキ女とモノカキ男。 未来を写すカメラと人体消失

富士見ファンタジア文庫 つ−3−2−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-04-073886-4
4-04-073886-1
税込価格 715円
頁数・縦 318P 15cm

商品内容

要旨

未十士早來は怪物だ。あらゆる道を極め、そのどれもがプロ級の腕前でありながら、彼女はそれをただの趣味だと言う。いつしか付いたあだ名が“史上最強のアマチュア”。そんな彼女の最近の趣味―謎解きに毎回付き合わされる僕はといえば、作家を夢見るだけのただの凡人。だけど彼女との共通点もある。それは“超理具”と呼ばれる不思議な道具を所持しているということ。未十士は「未来を写すカメラ」を、そして僕は「時を巻き戻す時計」を持っている。“超理具”の謎を追う僕らはやがて学園で起きた、巷を騒がす都市伝説「人体消失事件」に巻き込まれていき…!?学園青春“不条理”系ミステリー!

出版社・メーカーコメント

彼女の趣味と、未来を写した写真が、僕の物語を非日常に変えた。ありあまる才能を“趣味”に費やす変人少女は、未来の出来事を写すカメラと僕をお供に、学園に潜む謎を探している。今の彼女の興味は、人が忽然と姿を消すという巷を騒がす都市伝説。僕の執筆時間は今日も削られる。