• 本

不埒な人たち ハシェク短編集

平凡社ライブラリー 903

出版社名 平凡社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-582-76903-6
4-582-76903-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 378P 16cm

商品内容

要旨

不良で、動物好きで、とてつもない飲んべえで、法螺吹きのでたらめ人間、でも自分に正直で、観察眼鋭く、筆の力は抜群で、威張っている奴を見ると、どうしてもからかいたくなる―そんなハシェクの魅力を一挙紹介。カフカ、チャペックと並ぶチェコの代表的人気作家の波乱万丈の実体験に基づくおもしろすぎる二七編。ヨゼフ・ラダの挿絵入り。

おすすめコメント

なんたるでたらめ! 『兵士シュヴェイクの冒険』で知られ、カフカ、チャペックと並ぶチェコの人気作家の実体験に基づく(!?)面白すぎる短編27編。ヨゼフ・ラダの挿絵入り。

著者紹介

ハシェク,ヤロスラフ (ハシェク,ヤロスラフ)   Ha〓ek,Jaroslav
1883‐1923。チェコのプラハに生まれる。1898年プラハの薬種店に奉公に出た後、99年商業高校に入学。この年より短編作品を書きはじめる。1902年、スラーヴィエ銀行に勤めるが、1年ほどで退職。以後、放浪生活を繰り返しながら、新聞・雑誌に寄稿。若い頃から無政府主義運動に参加、第一次世界大戦では召集されたが、その後軍から脱走、ロシアでのチェコ軍団参加、赤軍への転向など、政治的にも様々な変遷を見せた。100を超えるペンネームを用い、作品を書きまくり、1923年に39歳で亡くなるまでに、確認されただけで千数百の短編を残した
飯島 周 (イイジマ イタル)  
1930年、長野県生まれ。東京大学文学部言語学科卒業。1967年以降、数度にわたりチェコのカレル大学に留学。言語学専攻。跡見学園女子大学名誉教授。2009年、チェコ文化普及の功績により、同国政府から勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)