• 本

うねゆたかの田んぼの絵本 1

田んぼの四季 なぜ赤とんぼは人間に寄ってくるの?

出版社名 農山漁村文化協会
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-540-20102-8
4-540-20102-6
税込価格 2,970円
頁数・縦 36P 27cm
シリーズ名 うねゆたかの田んぼの絵本

商品内容

要旨

この絵本では農家(お百姓)と、子どもや田んぼの生きものたちとの対話をとおして、生きものの視点から田んぼという環境への理解を深めていきます。四季の田んぼの仕事、田んぼに生きる動植物、田んぼの成り立ちと水のめぐり、田んぼと地域、文化などをとおして、身近な環境が農家の仕事(百姓仕事)によって保たれていることを知ることができます。

目次

1 春を教えてくれる花があるの?
2 春の畦はまるで花壇だ
3 カエルは代掻きしないと鳴かないのはなぜ?
4 なぜ赤とんぼは人間に寄ってくるの?
5 田んぼは雲とつながっているの?
6 昔は、落ち穂拾いしてたの?
7 藁はむだなものなの?
8 耕されると死んでしまうの?

著者紹介

宇根 豊 (ウネ ユタカ)  
1950年長崎県島原市生まれ。福岡県農業改良普及員時代の1978年より減農薬稲作運動を提唱。虫見板を普及させ、害虫でも益虫でもない「ただの虫」という概念を広める。1989年に福岡県二丈町(現・糸島市)に移住し、農業を始める。2000年福岡県を退職して、NPO法人農と自然の研究所を設立し、「田んぼの生きもの調査」を展開する
小林 敏也 (コバヤシ トシヤ)  
1947年静岡県焼津市生まれ。東京芸術大学工芸科卒。東京青梅に山猫あとりゑを営み、デザインとイラストレーションをする。1979年の「どんぐりと山猫」から始まった「画本宮澤賢治」シリーズ(パロル舎)で、2003年第13回宮澤賢治賞を受ける。現在は好学社から復刊されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)