• 本

源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか

PHP新書 1243

出版社名 PHP研究所
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-569-84828-0
4-569-84828-1
税込価格 1,122円
頁数・縦 318P 18cm

商品内容

要旨

日本史上初の本格的な武家政権である鎌倉幕府では、創設者頼朝の源氏の血統は三代で途絶え、継承されなかった。跡継ぎのいなかった三代将軍実朝の暗殺がこの「断絶」を招いたとされるが、その当時、二代将軍頼家の遺児、あるいは他の源氏の血を引く人々も存在した。にもかかわらず、なぜ彼らは将軍になれなかったのか。そもそも実朝の暗殺が源氏将軍の断絶を招いたのは、自明の理なのか。本書では頼朝による鎌倉幕府の樹立から三代将軍実朝の殺害に至るまで、幕府内の壮絶な権力闘争の歴史を紐解きながら、「源氏将軍断絶」の歴史的な意味を問い直す。

目次

第1章 源氏将軍の誕生
第2章 源氏将軍の継承
第3章 源氏将軍の確立
第4章 源氏将軍の試練と成長
第5章 源氏将軍断絶
終章 源氏将軍のその後

出版社・メーカーコメント

●「承久の乱」へと続く、幕府内の壮絶な権力闘争の歴史とは?●2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』時代考証者が描く源氏三代「新解釈」日本史上初の本格的な武家政権である鎌倉幕府では、創設者頼朝の源氏の血統は三代で途絶え、継承されなかった。 跡継ぎのいなかった三代将軍実朝の暗殺がこの「断絶」を招いたとされるが、その当時、二代将軍頼家の遺児、あるいは他の源氏の血を引く人々も存在した。 にもかかわらず、なぜ彼らは将軍になれなかったのか。そもそも実朝の暗殺が源氏将軍の断絶を招いたのは、自明の理なのか。 頼朝による鎌倉幕府の樹立から三代将軍実朝の殺害に至るまで、幕府内の壮絶な権力闘争の歴史を紐解きながら、「源氏将軍断絶」の歴史的な意味を問い直す1冊。

著者紹介

坂井 孝一 (サカイ コウイチ)  
1958年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。博士(文学)。現在、創価大学文学部教授。専門は日本中世史。平安末期・鎌倉初期の政治史・文化史、室町期の芸能史を主な研究テーマとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)