• 本

いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯 上

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-04-108428-1
4-04-108428-8
税込価格 1,870円
頁数・縦 252P 20cm
シリーズ名 いとまの雪

商品内容

要旨

大坂夏の陣から七十年、“刀は武士の魂”と称されてはいるものの、真剣で戦う機会はほぼ無くなっていた時代。幼少期、「弱虫竹太郎」と呼ばれた赤穂藩の大石良雄は、師・山鹿素行や大叔父・頼母助、祖父・良欽の教えを受け、二十一歳で家老職を継ぐ。勘定方や商人など様々な立場で国を支える人々に出会い、世を統べる武士の信念を抱いてゆく。やがて藩主・浅野内匠頭に再会した良雄はその清らかな心に惹かれながらも、危うさを感じ取るが―。後年、決起を共にする堀部安兵衛との邂逅など「事件」前夜を描く、伊集院静版・新忠臣蔵。

出版社・メーカーコメント

一人の家老の闘志に導かれた四十七人の志士。伊集院静初の歴史長編!「弱虫竹太郎」と呼ばれた赤穂藩士の大石良雄は成長し家老職を継ぐ。やがて藩主・浅野内匠頭を目にした良雄はその清らかな心に惹かれながらも、危うさを感じ取るが――。「事件」前夜を描く、伊集院静版・新忠臣蔵。

著者紹介

伊集院 静 (イジュウイン シズカ)  
1950年山口県防府市生まれ。立教大学卒業後、CMディレクター、コンサート演出などを経て81年「皐月」で作家デビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞、14年『ノボさん 小説正岡子規と夏目漱石』で第18回司馬遼太郎賞を受賞している。16年紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)