• 本

恋する母たち

小学館文庫 と8−24

出版社名 小学館
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-09-406859-7
4-09-406859-7
税込価格 638円
頁数・縦 221P 15cm

商品内容

要旨

名門高校に息子を通わせる縁で出会った3人の母たち。浮気相手と失踪した夫を待つ杏、不倫夫に悩むセレブ妻・まり、専業主夫を持つバリキャリ妻・優子―夫への不満を抱え、息子への不安を感じながら日常を生きる母たちは突然「恋」に出会う。『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』などの代表作がある柴門ふみの同名漫画を原作に、『セカンドバージン』『大恋愛〜僕を忘れる君と』など数々の名ドラマを世に送り出した大石静が脚本を執筆。木村佳乃、吉田羊、仲里依紗という豪華キャストが母たちの惑い、揺らぎ、エロスを熱演した話題ドラマのノベライズ。

出版社・メーカーコメント

夫がいても、息子がいても、恋はするわ  名門高校に息子を通わせる縁で出会った3人の母たち。浮気相手と失踪した夫を待つ杏、不倫夫に悩むセレブ妻・まり、専業主夫を持つバリキャリ妻・優子――三様の人生はやがて交錯し始める。それぞれが夫に不満や諦め、怒りを抱え、落第寸前の息子たちへの不安も募る。これまで築き上げてきた人生、キャリア、そして家族――守るべき尊さと、何か物足りない虚しさを奥底に秘めた3人がふとした瞬間に向き合ったのは、「妻」でも「母」でもない、「女」としての自分だった。平凡な毎日に突如現れた“恋”との出会いは、母たちの人生に何をもたらし、何を失わさせるのか。『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』などの代表作がある柴門ふみの同名漫画を原作に、『セカンドバージン』『大恋愛〜僕を忘れる君と』など社会現象を巻き起こした名ドラマを世に送り出した大石静が脚本を執筆。木村佳乃、吉田羊、仲里依紗という豪華キャストが織りなす母たちの惑い、揺らぎ、エロスが話題となったドラマでは、心に響くセリフも多数。読み返す度に、彼女たちの迷いに共感し、よろめきにトキメキ、強さに背中を押されるサプリメントのような一冊です。  【編集担当からのおすすめ情報】  3人の母たちは決して夫や子供をないがしろにして恋に走るわけではありません。妻として、母として、大切にすべきものの重みを感じながら、抗えないトキメキに戸惑います。自分の人生はこれでよかったのか、選ばなかった道にこそ正解があったのではないか、そう迷いが出るふとした“魔の時”に心の内にあったエロスがパッと顔を出す。これは、大人の恋の物語であり、女の生き方の物語です。

著者紹介

豊田 美加 (トヨダ ミカ)  
大分県生まれ。成蹊大学文学部卒業。オリジナル小説のほか、ノベライズ作品など多数
柴門 ふみ (サイモン フミ)  
徳島県生まれ。漫画家。79年に『クモ男フンばる!』でデビュー。女性の生き方を書いたエッセイも多数
大石 静 (オオイシ シズカ)  
東京都生まれ。脚本家。86年に『水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策』で脚本家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)