• 本

FAKEな日本

角川文庫 も13−9

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-04-109562-1
4-04-109562-X
税込価格 924円
頁数・縦 292P 15cm

商品内容

要旨

ドキュメンタリーとは、抗いである。改元があり、政権も代わった。しかし、報道をはじめ、表現の自粛と萎縮は終わることがない。平成の30年間で、世間の同調圧力はより強くなったのか否か。天皇、放送禁止歌、オウム、オカルト、小人プロレス等。撮影テーマをことごとくタブー視され、発表媒体が限られていく中でも、作品の力で“空気”を吹きはらってきたドキュメンタリー監督が、忖度社会の正体を探る!

目次

第1幕 疑似的民主主義国家ニッポン―『放送禁止歌』
第2幕 差別するぼくらニッポン人―『ミゼットプロレス伝説』
第3幕 自粛と萎縮に抗って―幻の『天皇ドキュメンタリー』
第4幕 組織は圧倒的に間違える―『A』『A2』
第5幕 平壌、かつての東京との交信―未完の『北朝鮮ドキュメンタリー』
第6幕 正しさこそが危機を生む―『FAKE』

出版社・メーカーコメント

自粛と萎縮に抗い続ける!時代の表現者たちと日本を斬るルポ&インタビュー天皇、放送禁止歌、オウム、オカルト、小人プロレスetc。撮影テーマはことごとくタブー視され、発表媒体も限られていく中、常に前評判を覆してきたドキュメンタリー監督が、自粛と萎縮の正体を探る!

著者紹介

森 達也 (モリ タツヤ)  
1956年広島県呉市生まれ。98年オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画「A」を公開、ベルリン映画祭に正式招待され、海外でも高い評価を受ける。2001年映画「A2」を公開し、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞する。11年『A3』(集英社インターナショナル、集英社文庫)で講談社ノンフィクション賞を受賞。現在は映像・活字双方から独自の世界を構築している。明治大学情報コミュニケーション学部特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)