• 本

アナキスト本をよむ

出版社名 新評論
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-7948-1167-7
4-7948-1167-5
税込価格 2,420円
頁数・縦 310P 20cm

商品内容

要旨

書評とは文章の大冒険だ。17年間にわたる書評・エッセイ47本でたどる、現代最狂のアナキスト文人、生成の軌跡。

目次

アナーキズム研究の新展開(田中ひかる『ドイツ・アナーキズムの成立』)
あらゆる債務を帳消しに!(ミレー+トゥーサン『世界の貧困をなくすための50の質問』)
怨念の労働(笙野頼子『金毘羅』他)
古くて新しいゼネストという希望(遠野はるひ・金子文夫『トヨタ・イン・フィリピン』)
グリーンキャピタリズム批判にむけて(高祖岩三郎『新しいアナキズムの系譜学』)
二〇一一年三月、地震と津波がおきて、原発が爆発した。
二〇一七年、元祖アナキスト・一遍上人の伝記をかいた。
二〇二〇年春、コロナで支配がつよまった。

著者紹介

栗原 康 (クリハラ ヤスシ)  
1979年埼玉県生まれ。政治学者、作家、大学非常勤講師(東北芸術工科大学ほか)。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程満期退学。専門はアナキズム研究。2017年、第10回「池田晶子記念 わたくし、つまりNobody賞」受賞。『大杉栄伝―永遠のアナキズム』(夜光社2013、第5回いける本大賞)など多数の著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)