• 本

月経と犯罪 “生理”はどう語られてきたか

出版社名 平凡社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-582-82491-9
4-582-82491-9
税込価格 2,640円
頁数・縦 189P 20cm

商品内容

要旨

「生理のときに放火や万引きをする女が多い」「女は生理のとき、カッと頭にきて何をするかわからない」松井須磨子の自殺、与謝野晶子のヒステリー、神近市子による殺人未遂事件…。あの女性たちも生理痛やPMSに苦しめられた!?

目次

第1章 犯罪における月経要因説と「新しい女」たち
第2章 女性犯罪論の起源
第3章 猟奇犯罪の時代
第4章 生理休暇と精神鑑定
第5章 月経要因説の精神医学的解釈
第6章 月経要因説の心理学的解釈
第7章 「犯罪におけるPMS要因説」

出版社・メーカーコメント

「女性は月経があるから犯罪を犯す」と信じられていた時代があった。なぜそのような月経誘因説が信じられていたのか。近年の生理ブームの仕掛け人である著者がその背景に迫る。

著者紹介

田中 ひかる (タナカ ヒカル)  
1970年、東京都生まれ。博士(学術)。女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)