• 本

標準特許法

第7版

出版社名 有斐閣
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-641-24345-3
4-641-24345-X
税込価格 2,860円
頁数・縦 370P 22cm
シリーズ名 標準特許法

商品内容

要旨

章や節の最初の箇所など随所にナビゲーション的な記述。豊富な具体例。あまり高度でなくそれでいて興味深い例を精選。法律用語、業界用語などのなじみのない用語には言い換えや説明を付記。総花的な記述を避け、一貫した立場からメリハリをつけて叙述。旧版刊行以来3年間の進展を反映した第7版。

目次

序章 知的財産権と特許
第1章 特許権の概要
第2章 特許権侵害
第3章 特許権の利用
第4章 特許取得手続
第5章 特許行政争訟
第6章 権利侵害救済手続
第7章 実用新案法
第8章 特許をめぐる条約

出版社・メーカーコメント

知的財産権法の中心である特許法を、コンパクトかつ明快に解説し、好評を博している概説書。特許法を理解するための基本を押さえたい人、興味深く学習したい人にとって最適。令和元年の法改正等に対応、全体を見直しさらに進化した最新版!

著者紹介

高林 龍 (タカバヤシ リュウ)  
1952年生まれ。1976年早稲田大学法学部卒業、司法修習生(第30期)。1978年東京地方裁判所判事補、その後、那覇、東京、松山の各地方裁判所判事補。1988年松山地方裁判所判事。1990年最高裁判所調査官。1995年早稲田大学法学部助教授。1996年〜現在早稲田大学法学部教授。専攻は知的財産権法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)