• 本

数学的思考トレーニング 問題解決力が飛躍的にアップする48問

PHPビジネス新書 421

出版社名 PHP研究所
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-569-84835-8
4-569-84835-4
税込価格 957円
頁数・縦 235P 18cm

商品内容

要旨

「先行きがまったく読めない」「成功法則がすぐに陳腐化してしまう」…そんな現代に求められるのは、「自ら深く考え、答えを出していく」こと。そしてそのために不可欠なのが「数学的思考」である。本書では、数学的思考の「正体」を解き明かすとともに、それを鍛えるエクササイズを多数用意。楽しく問題を解いているうちに、「数学的なアタマの使い方」が自然と身につく1冊。文系ビジネスパーソンこそ必読!

目次

第1章 「数学的思考」の正体―人生を変える5つの思考回路
第2章 定義―まず何から始めればいいのか
第3章 分解―難しい問題は小さく分けて考える
第4章 比較―だから人間には数が必要だった
第5章 構造化―世の中をアナロジーで理解する
第6章 モデル化―数学とは関係の科学である

出版社・メーカーコメント

「先行きがまったく読めない」「成功法則がすぐに陳腐化してしまう」……そんな現代に求められるのは、「自ら深く考え、答えを出していく」こと。そしてそのために不可欠なのが「数学的思考」です。本書では、数学的思考の「正体」を解き明かすとともに、それを鍛えるトレーニング問題も多数用意しました。●問題:「18」と「255255」。その共通点は?●問題:「居酒屋の飲み物」と「プリンターのインク」。その共通点は? ●問題: その人があなたにとっていちばん優しい人であることを、どうやって説明しますか?●問題:仕事において「忙しい」「時間がない」が口癖の山田さん。余裕のある働き方ができるようにアドバイスをしたい。さて、あなたなら何をしますか?●問題:「いい人材」とはどんな人材のことでしょうか? 四則演算の記号(+−×÷)を使って表現してください。こうした問題を楽しく解いているうちに、「数学的なアタマの使い方」が身につき、問題解決力が飛躍的にアップする一冊!

著者紹介

深沢 真太郎 (フカサワ シンタロウ)  
ビジネス数学教育家。数学的思考ができるビジネスパーソンを育成する「ビジネス数学」を提唱し、延べ1万人以上を指導してきた教育の第一人者。日本大学大学院総合基礎科学研究科修了。理学修士(数学)。予備校講師から外資系企業の管理職などを経てビジネス研修講師として独立。大手企業をはじめプロ野球球団やトップアスリートの教育研修を手がける傍ら、SMBC、三菱UFJ、みずほ、早稲田大学、産業能率大学などと提携し講座に登壇。さらに指導者育成を目的とし、「ビジネス数学インストラクター制度」をプロデュース。数字や論理的思考に強いビジネスパーソンの育成に努めている。テレビ番組の監修やラジオ番組のニュースコメンテーター、ビジネス誌の記事監修などメディア出演も多数。著作は国内累計20万部を突破。実用書のほか作家として小説も発表しており、多くのビジネスパーソンに読まれている。BMコンサルティング株式会社代表取締役。一般社団法人日本ビジネス数学協会代表理事。国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者。国内唯一のビジネス数学エグゼクティブインストラクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)