• 本

食の科学 美食を求める人類の旅

出版社名 ニュートンプレス
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-315-52315-7
4-315-52315-1
税込価格 2,500円
頁数・縦 190P 21cm

商品内容

要旨

200万年前から現代まで、料理の進化をたどる!アメリカの大人気料理番組『アメリカズ・テスト・キッチン』の科学監修者として活躍していたガイ・クロスビー博士が、歴史と科学の観点からひも解く「おいしい」の秘密。

目次

第1章 料理の進化(200万年前〜1万2000年前)
第2章 農業の始まりと調理の革命(1万2000年前〜1499年)
第3章 初期の科学が料理に創造性をもたらす(1500〜1799年)
第4章 料理の技術に原子の科学が取り入れられる(1800〜1900年)
第5章 近代科学が料理のアートに革命を起こす(1901年〜現在)
第6章 調理の科学に火がついた
第7章 よい食品と悪い食品、そして調理科学の未来

著者紹介

クロスビー,ガイ (クロスビー,ガイ)   Crosby,Guy
ハーバード大学公衆衛生学部の栄養学准教授。博士。料理のマルチメディア『クリストファー・キンボールのミルクストリート』とテレビ番組『アメリカズ・テスト・キッチン』の科学監修者としても従事
石川 伸一 (イシカワ シンイチ)  
宮城大学食産業学群教授。博士(農学)。東北大学大学院農学研究科修了。専門は分子調理学
清水 玲奈 (シミズ レイナ)  
ジャーナリスト・翻訳家。東京大学大学院修士課程修了(表象文化論)。1996年渡英、パリ暮らしを経て現在ロンドン在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)