• 本

エマニュエル・トッドの思考地図

出版社名 筑摩書房
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-480-84753-9
4-480-84753-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 236P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

日本でも人気の高い「知の巨人」の一人に、フランスの歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏がいる。ソ連崩壊、リーマンショック、英国のEU離脱など数々の予測を鋭く的中させ、アフターコロナの世界についても発言を続ける同氏は、どのように「思考」を深め、研究成果を上げているのだろうか。本書では、エマニュエル・トッド氏が、歴史やデータを精緻に分析し、時代の趨勢を見きわめ、その先を見通す自身の思考や研究手法を明らかにしている。トッド氏の思考は、フランス流の合理主義ではなく、英国流の経験主義に軸足を置く、事実(ファクト)を重視したものだ。歴史的事実や統計データ、地図を眺めることから意外なつながりを発見し、統計学などを駆使して検証していく。そうした発見をしやすくするには、自らが所属する社会の「外側」に出ることが重要だという。エマニュエル・トッド氏は1951年生まれ。パリ政治学院修了、ケンブリッジ大学歴史学博士。家族制度や識字率、出生率などにもとづく、現代政治や国際社会の独自の視点からの分析で知られる。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2021年2月19日]

商品内容

要旨

「私が何かについて考える際の軸となっているものは、一つはデータであり、もう一つは歴史です」―。これまで、イギリスのEU離脱、リーマン・ショック、ソ連崩壊など数々の予測を的中させてきた、現代を代表する知性、エマニュエル・トッド。なぜ彼だけが時代の潮流を的確に見定め、その行く末を言い当てることができたのか。混迷の時代を見通す真の思考とはいかなるものか。そのすべてを世界で初めて語り明かす。完全日本語オリジナル。

目次

序章 思考の出発点
1 入力―脳をデータバンク化せよ
2 対象―社会とは人間である
3 創造―着想は事実から生まれる
4 視点―ルーティンの外に出る
5 分析―現実をどう切り取るか
6 出力―書くことと話すこと
7 倫理―批判にどう対峙するか
8 未来―予測とは芸術的な行為である

出版社・メーカーコメント

時代の趨勢を見極め、その先を見通す知性をいかにして獲得するか。現代を代表する論客が、自身の思考の極意を世界で初めて語りつくす。完全日本語オリジナル。

著者紹介

トッド,エマニュエル (トッド,エマニュエル)   Todd,Emmanuel
1951年フランス生まれ。歴史人口学者。パリ政治学院修了、ケンブリッジ大学歴史学博士。家族制度や識字率、出生率などにもとづき、現代政治や国際社会を独自の視点から分析、ソ連崩壊やリーマン・ショック、イギリスのEU離脱などを予見したことで広く知られる
大野 舞 (オオノ マイ)  
1983年生まれ。フランス・バカロレア取得。慶應義塾大学総合政策学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。パリ大学東アジア人文科学研究科博士課程所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)