• 本

釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝

出版社名 世界文化社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-418-19501-5
4-418-19501-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

追悼、矢口高雄先生。『釣りキチ三平』、『マタギ』など今再評価されるマンガ家の人生を追う。

目次

第1章 80歳のツイッター
第2章 断捨離と復活
第3章 「三平」の原風景
第4章 地方の時代
第5章 「エッセイ漫画」の境地―秋田の足跡
第6章 マンガ家たちとの邂逅
第7章 「名伯楽たち」との縁
第8章 描きたかった郷愁―作品の魅力
第9章 横手市増田まんが美術館

出版社・メーカーコメント

新聞記者として秋田に赴任した著者は、街のいたるところで「三平くん」に出会う。数十年前に流行ったマンガの主人公がなぜ今も……。『釣りキチ三平』の生みの親、矢口高雄氏は秋田市出身。筆を折り、東京で暮らす今も故郷の「横手市増田まんが美術館」を通じて、マンガと故郷に対して深い愛情を注ぐ。少年時代の手塚マンガとの出会い、安定した銀行員生活を捨ててのマンガ家転身、そして『釣りキチ三平』の大ヒット、東日本大震災……矢口氏のマンガ家人生から、マンガの、そして日本の過去・現在・未来が見えてくる。

著者紹介

藤澤 志穂子 (フジサワ シホコ)  
元全国紙経済記者。学習院大学法学部政治学科卒、早稲田大学大学院文学研究科演劇専攻中退。米コロンビア大学ビジネススクール客員研究員、放送大学非常勤講師(メディア論)、秋田テレビ(フジテレビ系)コメンテーターなどを歴任。東京都出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)