• 本

遺訓

新潮文庫 さ−47−5

出版社名 新潮社
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-10-112535-0
4-10-112535-X
税込価格 1,045円
頁数・縦 641P 16cm

商品内容

要旨

沖田総司の甥にして、天然理心流の遣い手たる沖田芳次郎は、旧庄内藩重臣から西郷隆盛の警護を依頼された。青年剣士はやがて西南戦争という激流に巻き込まれてゆく。西郷、大久保という二つの巨星。悲恋、戦塵をくぐり抜けながらの成長。戊辰戦争ののち西郷と庄内侍の間には熱い絆が結ばれた。『南洲翁遺訓』を後世に伝えた鶴岡に生を受けた著者が、深き感慨をこめて描く、本格時代長篇。

著者紹介

佐藤 賢一 (サトウ ケンイチ)  
1968(昭和43)年、山形県鶴岡市生れ。東北大学大学院でフランス中世史を専攻する。’93(平成5)年、『ジャガーになった男』で、小説すばる新人賞を受賞。’99年、『王妃の離婚』で直木賞を受賞。2014年、『小説フランス革命』で毎日出版文化賞特別賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)