• 本

図説「死」の文化史

出版社名 原書房
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-562-05877-8
4-562-05877-3
税込価格 4,180円
頁数・縦 303P 22cm

商品内容

要旨

死者を生きているように扱う民族、長旅の装束で送り出す地域…。「死」はひとつではない。人々は「死」をどのように考え、弔ってきたのか。世界中の多様な「死のかたち」を、歴史と文化から総覧する。

目次

第1章 終わりか、それとも始まりか―死後の世界の捉え方
第2章 古代の葬礼
第3章 死と審判
第4章 すぐ近くにいる祖先
第5章 要求の多い死者
第6章 近代性、西洋の伝統
第7章 儀式の世界
第8章 死、現在、未来

出版社・メーカーコメント

「死」とは何か。人はいつ、「死んだ」と見なされるのか。古代から現代にいたる死生観と弔いの歴史と変遷を、世界の各地域に広がるさまざまな宗教や慣習とともに、多数の図版を織り交ぜながら紹介。

著者紹介

ケリガン,マイケル (ケリガン,マイケル)   Kerrigan,Michael
オクスフォード大学卒。歴史全般に多数の著書がある
廣幡 晴菜 (ヒロハタ ハルナ)  
英語翻訳者。東京大学教養学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学
酒井 章文 (サカイ アキフミ)  
英語翻訳者。武蔵野美術大学造形学部中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)