• 本

対話型OJT “主体的に動ける部下”を育てる知識とスキル

出版社名 日本能率協会マネジメントセンター
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-8207-2860-3
4-8207-2860-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 287P 21cm

商品内容

要旨

OJTネットワーク、組織社会化モデル、信頼構築、フィードバック、スキャフォルディング…リモートワーク時代の教え方の新常識。今日からできる部下育成の全技術。

目次

第1章 Why―なぜ、今「自律型人材」が求められるのか?
第2章 Who―誰が教えるか‐OJTネットワークを築く
第3章 What―何をやってもらうのか‐経験学習を提供する
第4章 How long―育成にかかる時間
第5章 How―対話型OJT‐「答えがわからない時代」の教え方
第6章 How―リモート環境での効果的なコミュニケーション
第7章 How―教える‐スキャフォルディングで足場をかける
第8章 Where―リモート環境で対話型OJTを実践する

出版社・メーカーコメント

これまでの常識が通用しない時代の「教え方」「育て方」のニュー・ノーマル。リモートワーク下で自分で考えて動ける社員を育てる。

著者紹介

関根 雅泰 (セキネ マサヒロ)  
株式会社ラーンウェル・ときがわカンパニー合同会社代表。1972年埼玉県鴻巣市生まれ。州立南ミシシッピー大学卒業。東京大学大学院学際情報学府卒業、修士号(学際情報学)取得。学習教材の訪問販売会社、研修ベンダーを経て、2005年に独立。「学び上手・教え上手」を増やすために(株)ラーンウェル(Learn‐well)を設立。2010年、自らの経験整理と学術知見獲得のため、東京大学大学院中原淳准教授(現在、立教大学経営学部教授)の研究室に参加。研究領域は「OJTと組織社会化」。企業教育での専門は「現場OJT支援」と「研修転移」。2017年、移住した埼玉県比企郡ときがわ町で、ミニ起業家育成のための「比企起業塾」を仲間と共に開講。現在、「比企起業大学」設立に向けて奔走中
林 博之 (ハヤシ ヒロユキ)  
ラーンフォレスト合同会社代表社員。行政書士。1971年東京都葛飾区生まれ。俳優として十数年活動後、会社勤務を経て、行政書士林博之事務所を開設。「知的資産経営」を通じて中小企業の経営者に寄り添う活動を実施。2018年にラーンフォレスト(同)を設立。俳優時代の演技経験から「非言語メッセージ」の受発信を意識する「フィーリング・コミュニケーション」を提唱。演劇的手法・インプロ(即興劇)を駆使した「OJTメンター研修」や「仕事の教え方研修」を行っている。認定SP(サブパーソナリティ)トランプファシリテーター。「比企起業塾」にはサブ講師として参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)