• 本

レペルトワール ミシェル・ビュトール評論集 1

1960

出版社名 幻戯書房
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-86488-212-5
4-86488-212-6
税込価格 4,950円
頁数・縦 340P 22cm

商品内容

要旨

フランス文学史に聳え立つ20世紀文芸批評の金字塔。“ビュトール宇宙”の集大成となる評論集、本邦初の完訳版として刊行開始!

目次

探求としての長編小説
錬金術と言語
ジョン・ダン『魂の遍歴』について
ラシーヌと神々
妖精たちの天秤
『クレーヴの奥方』について
バルザックと現実
『反復』
“一つの可能性”
『人工楽園』
『賭博者』
至高点と黄金時代―ジュール・ヴェルヌのいくつかの作品を通して
マルセル・プルーストの「時間」
レーモン・ルーセルの手法について
サイエンス・フィクションの成長とその危機
ジョイス群島探査にあたっての事前の小周航
フィネガンのためのある敷居の粗描
エズラ・パウンドの詩的実験
ウィリアム・フォークナー「熊」における親族関係
弁証法的自伝
ロワヨーモンでの発言

著者紹介

ビュトール,ミシェル (ビュトール,ミシェル)   Butor,Michel
1926‐2016。フランスの小説家、詩人、批評家。フランス北部モン=ザン=バルールで生まれる。ヌーヴォー・ロマンの作家の旗手のひとりと目される。1956年、小説第二作『時間割』でフェネオン賞受賞、翌年1957年第三作目の『心変わり』でルノドー賞を受賞し注目を集めた。その後、空間詩とよばれる作品を次々と発表し始める。画家とのコラボレーション作品は数多く、書物を利用した表現の可能性を追求し続けた。文学をはじめ絵画、音楽などを論じた評論集もある
石橋 正孝 (イシバシ マサタカ)  
1974年、横浜生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学、パリ第八大学大学院博士課程修了、博士(文学)。現在、立教大学観光学部准教授。専門は十九世紀フランス文学(ジュール・ヴェルヌ)
鈴木 創士 (スズキ ソウシ)  
1954年、神戸生まれ。フランス文学者、作家、ミュージシャン
三ツ堀 広一郎 (ミツボリ コウイチロウ)  
1972年、神奈川県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。現在、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。専攻は現代フランス文学
福田 桃子 (フクダ モモコ)  
1978年、神奈川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学、パリ第四大学大学院博士課程修了、博士(文学)。日本学術振興会特別研究員などを経て、慶應義塾大学経済学部准教授。専門は十九世紀・二十世紀フランス文学(マルセル・プルースト)およびフランス映画
荒原 邦博 (アラハラ クニヒロ)  
1970年、東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。パリ第四大学博士課程DEA修了、博士(学術)。現在、東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授。専門は近現代フランス文学、美術批評研究
上杉 誠 (ウエスギ マコト)  
1984年、東京都生まれ。東京大学人文社会系研究科欧米系文化研究専攻博士課程単位取得退学。パリ第三大学博士課程修了、博士。現在、東京大学人文社会系研究科助教。専門は19世紀フランス文学(スタンダール)
塩谷 祐人 (エンヤ マサト)  
明治学院大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。現在、明治学院大学教養教育センター専任講師。専門はフランス現代文学、亡命者の文学
倉方 健作 (クラカタ ケンサク)  
1975年、東京生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程退学後、同研究科で博士号(文学)取得。現在、九州大学言語文化研究院准教授。専門はヴェルレーヌを中心とする近代詩
三枝 大修 (サイグサ ヒロノブ)  
1979年、千葉県生まれ。ナンド大学博士課程修了、博士(文学)。現在、成城大学経済学部准教授。専門は近代フランス文学
新島 進 (ニイジマ ススム)  
1969年、埼玉県生まれ。レンヌ第二大学博士課程修了、博士(文学)。現在、慶應義塾大学経済学部教授。専門は近現代フランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)