• 本

恥ずかしい日本語 語彙力・社会人力アップのための楽しい日本語講座

出版社名 廣済堂出版
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-331-52317-9
4-331-52317-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 207P 19cm

商品内容

要旨

「我慢」と「辛抱」の違いがわかりますか?「あっけらかん」「したたか」「ずぼら」「あわや」…。何気なく使っているけれど、その本当の意味を知っていますか?語彙力ブームの第一人者が贈る、知っていると人間力、大人力が増す日本語講座。

目次

第1章 聞いたことがある言葉の語彙を知る(ことのほか
たぶらかす ほか)
第2章 漢字の意味がわかると語彙がわかる(九牛一毛
英才教育 ほか)
第3章 ふたつの言葉から語彙を知る(「犬兎の戦い」と「漁夫の利」
「達磨」と「灰汁」 ほか)
第4章 うまく説明できない言葉の語彙を知る(羽化登仙
灼熱 ほか)
第5章 人に話したくなる言葉の語彙(無聊を託つ
三密 ほか)

著者紹介

山口 謠司 (ヤマグチ ヨウジ)  
1963年長崎県生まれ。博士(中国学)。大東文化大学文学部大学院、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、大東文化大学文学部中国文学科教授。主な著書に『日本語を作った男 上田万年とその時代』(第29回和辻哲郎文化賞を受賞。集英社インターナショナル)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)