• 本

エルヴィス・コステロ自伝

出版社名 亜紀書房
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-7505-1679-0
4-7505-1679-1
税込価格 5,940円
頁数・縦 773P 22cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • その半生は、そのままイギリスのポップ・ミュージックの歴史。

    コステロ自身が、彼らしい一筋縄ではいかないちょっとシニカルで緻密な知性を全開で、その半生を回想します。
    その文量、2段組で765ページ!イギリスのポップ・ミュージック史を知る貴重な資料です。

    (2020年12月26日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ジャズ・ミュージシャンだった父、軍隊の楽隊のコルネット吹きだった祖父、そしてイギリスの大衆文化の歴史…。父の背中越しに黄金時代のショービジネスの世界を見ていたひとりの少年は、やがて自らもスポットライトの下で歌いはじめる―。コステロの半生を描いた自伝にして、英国文化の記憶を閉じ込めた、“ポピュラー音楽のタイムカプセル”。

目次

ハマースミス宮殿の少年
労働階級の英雄
僕に話させないでくれ―ドント・スタート・ミー・トーキング
アスク・ミー・ホワイ
ビヨンド・ビリーフ
ロンドンのブリリアント・パレード
愛は面影の中に
ゴースト・トレインのデモテープ
リヴァプール八区の家―オールモスト・リヴァプール・エイト
サラリーマンへようこそ―ウェルカム・トゥ・ザ・ワーキング・ウィーク〔ほか〕

著者紹介

コステロ,エルヴィス (コステロ,エルヴィス)   Costello,Elvis
1954年、英国生まれ。ロンドン、リヴァプールで育つ。ロック・ミュージシャン、シンガー・ソングライター。1977年にデビュー以来、40年以上のキャリアを通じて多数のアルバムを製作・発表し、グラミー賞をはじめとした数々の賞を受ける。2003年には「ロックンロール・ホール・オブ・フェイム」入りを果たした
夏目 大 (ナツメ ダイ)  
1966年、大阪府生まれ。同志社大学文学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)