• 本

多和田葉子の〈演劇〉を読む 切り拓かれる未踏の地平

出版社名 論創社
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-8460-1987-7
4-8460-1987-X
税込価格 2,200円
頁数・縦 265P 19cm

商品内容

要旨

多和田演劇ワールドの魅力を、実践家と研究者10名が連携し、劇評、演出ノート、作品論、ドキュメント、エッセイ、多和田戯曲の翻訳などで浮き彫りにする。コロナ禍の2020年に思索・執筆された各稿は、閉塞する状況を解き放つ“演劇”そのものの可能性を指し示す。

目次

序 多和田葉子、“世界劇場”という未踏の地平へ
第1部 多和田文学の舞台化をめぐるパノラマ(“劇評”観(光)客はいかにして場違いな0に犯されるか―したための『文字移植』を/から再読する
“演出ノート”漂流する演劇―『動物たちのバベル』創作ドキュメント
“作品論”多和田葉子の戯曲『動物たちのバベル』を読む
“演出ノート”カキタイカラダ―『夜ヒカル鶴の仮面』上演をめぐる断章
“インタビュー”劇団らせん舘に多和田葉子の“演劇”を聞く)
第2部 多和田“演劇”の謎を解く―言葉・声・音楽(“エッセイ”多声社会としての舞台
“エッセイ”レシタティーヴ
“ドキュメント”早稲田大学における多和田葉子&高瀬アキワークショップの歩み)
第3部 多和田戯曲の翻訳と舞台化への模索(東西神話の混交
児童劇の試み)

著者紹介

谷川 道子 (タニガワ ミチコ)  
東京外国語大学名誉教授。多和田・ミュラープロジェクト代表者。専門はドイツ現代演劇
谷口 幸代 (タニグチ サチヨ)  
お茶の水女子大学准教授。専門は現代日本文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)