• 本

紛争解決ってなんだろう

ちくまプリマー新書 366

出版社名 筑摩書房
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-480-68393-9
4-480-68393-3
税込価格 902円
頁数・縦 207P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

歴史上、大小含めて国家などの集団同士の「紛争」は、絶えたことがない。ビジネスや日常生活上のものを含めれば、人間社会のあらゆる場所や状況で、常に紛争は起きているのではないだろうか。どんな紛争も、いずれ解決をめざすべきものだが、その方法論は「紛争解決論」という学問分野にもなっている。本書は、主に国家間の紛争を取り上げながら、「紛争とは何か」といった根本的な問いから、「どのように紛争を解決していくか」の原則まで、「紛争解決論」の基本を解説している。紛争に対応するに当たっては、まず第三者、もしくは当事者が、時系列や関係性などによる「紛争分析」から始める。そうして紛争の本質を見きわめた上で、回避、交渉、調停、強制などのパターンの中から、妥当な方法を選択し、場合によっては組み合わせていく。著者は東京外国語大学総合国際学研究院教授で、国際関係論を専門とする。ロンドン大学(LSE)で国際関係学Ph.D.取得。広島大学平和科学研究センター准教授などを経て、現職。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2021年2月16日]

商品内容

要旨

世界の紛争はどのように解決されているのか?争いに対して、なぜこういうものの見方をするのかという基本から説き起こす。気鋭の国際政治学者による、紛争解決論入門。

目次

第1章 紛争解決の考え方
第2章 紛争分析の視点
第3章 紛争対応の方法
第4章 紛争分析の道具
第5章 紛争対応の政策
第6章 紛争分析と国際政治
第7章 紛争分析と地域紛争
第8章 紛争解決から見た国際政治史
第9章 現代世界の紛争解決の国際的な枠組み

著者紹介

篠田 英朗 (シノダ ヒデアキ)  
1968年生まれ。国際関係論。広島大学平和科学研究センター准教授を経て、東京外国語大学総合国際学研究院教授。早稲田大学政治経済学部卒業。ロンドン大学LSE博士課程修了。著書『集団的自衛権の思想史』(風行社、読売・吉野作造賞)、『平和構築と法の支配』(創文社、大佛次郎論壇賞)、『「国家主権」という思想』(勁草書房、サントリー学芸賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)