• 本

噺は生きている 「古典落語」進化論

ちくま文庫 ひ28−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-480-43713-6
4-480-43713-4
税込価格 1,045円
頁数・縦 395P 15cm

商品内容

要旨

同じ「芝浜」は一つとしてない。志ん生、文楽、圓生ら昭和の名人から、志ん朝、談志、さらには小三治、談春、一之輔など現役トップの落語家まで、彼らは「古典落語」の代表的演目を分析し、アレンジを加え、ときに解体もしながら、どう演じてきたのか。演目の進化から落語の“本質”に迫る、画期的落語評論。文庫化にあたり、「死神」「居残り佐平次」「子別れ」についての書き下ろしを増補。

目次

第1章 芝浜(耳で聴く文学作品―三木助
ドラマティックな感情の注入―談志 ほか)
第2章 富久(愛すべき幇間―文楽
効果的な第三者目線―志ん生 ほか)
第3章 紺屋高尾と幾代餅(瓶のぞきの後日談―圓生
ロマンティックな恋―談志 ほか)
第4章 文七元結(テキストとしての速記―圓朝
演劇的リアリズムの誕生―圓生 ほか)

著者紹介

広瀬 和生 (ヒロセ カズオ)  
1960年、埼玉県生まれ。東京大学工学部卒。ヘヴィメタル専門誌「BURRN!」編集長、落語評論家。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日、生の高座に接し、自ら落語会のプロデュースも手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)