• 本

自然界における左と右 下

新版

ちくま学芸文庫 カ50−2

出版社名 筑摩書房
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-480-51017-4
4-480-51017-6
税込価格 1,595円
頁数・縦 351,48P 15cm
シリーズ名 自然界における左と右

商品内容

要旨

「自然は究極的には左右対称である」―ずっとそう思われていたところに、驚愕の実験結果が現れる。コバルト60の原子核から出る電子の数は、一方の極から出るものが他方より多かったのだ。左右対称が破れた!左右の区別をめぐる考察は、さらに深まって宇宙と時間、究極の物質への問いへと展開する。非対称性は左と右(空間)だけではなく過去と未来(時間)にも存在するのか。この宇宙が誕生するとき、はじめに何が起こったのか。旅は、反物質や超ひも理論、多元宇宙論にまで至って壮大な光景を垣間見せる。

目次

パリティ
反粒子
パリティの破れ
ニュートリノ
スプリット君
時間不変性の破れ
反物質
単極子
時間の矢
エントロピー
時間の反転した世界
時間反転下の人と粒子
初期の物質の理論
スピン
オーパーストリング

著者紹介

ガードナー,マーティン (ガードナー,マーティン)   Gardner,Martin
1914‐2010。アメリカの著述家。啓蒙的な科学読み物から、疑似科学批判、ルイス・キャロル作品の注釈など、幅広い活動で知られる
坪井 忠二 (ツボイ チュウジ)  
1902‐82。東京大学理学部物理学科卒業
藤井 昭彦 (フジイ アキヒコ)  
1927‐2020。東京大学理学部物理学科卒業。上智大学名誉教授
小島 弘 (コジマ ヒロシ)  
1947年生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)