• 本

桜大の不思議の森 新装版

徳間文庫 こ41−3

出版社名 徳間書店
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-19-894616-6
4-19-894616-7
税込価格 682円
頁数・縦 205P 15cm
シリーズ名 桜大の不思議の森

商品内容

要旨

都会から遠く離れ、豊かな自然に囲まれた黒沼村。村の傍にある森の奥には“禁忌の場所”があったが、村人たちは森を愛し、そこにおわす神々の存在を信じていた。村で生まれ育った中学生の桜大も、不思議なできごとをいくつも体験してきた。「センセイ」と呼ばれている謎の男に導かれ、桜大が森で見出すものとは―。日本の原風景を鮮やかに描き出す、優しく心温まる物語。

出版社・メーカーコメント

人と不思議が同居する森で、十四歳の桜大が見たものは…?

著者紹介

香月 日輪 (コウズキ ヒノワ)  
和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』(日本児童文学者協会新人賞受賞)で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常1』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。多数の人気作を放つ。2014年12月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)