• 本

アーミッシュの老いと終焉

出版社名 未知谷
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-89642-630-4
4-89642-630-4
税込価格 2,970円
頁数・縦 267P 20cm

商品内容

要旨

自分らしく老い、自分らしい最期を迎えるには?アーミッシュの人々とその生活を調査して三〇年。自らの老いを意識し始めた時にもアーミッシュの人々はどう対処しているのか考えました。「主は与え、主は奪う」皆がそれぞれの場所で、それぞれの役割を果たすアーミッシュの高齢者たち。その生き方と考え方を詳細に紹介。

目次

第1章(アーミッシュはどのような人たちか
堅固な信念を持ち、柔軟に生きるアーミッシュ
アーミッシュの高齢者 長寿と活力の秘密
アーミッシュのツーリズムと高齢者
非日常を楽しむ―アーミッシュの愉しみ、いま昔)
第2章(アーミッシュの死生観
どこで最期を迎えるか
日常の暮らしの中の高齢者介護
アーミッシュの高齢者介護を支えるネットワークの力
『バジェット』―アーミッシュのネットワークと絆を紡ぐ新聞)
第3章(失われた家族コミュニティーと地域コミュニティー
日本の農村部における「結」の消失
信仰に支えられたアーミッシュの「結」
新たなコミュニティーのあり方―中国佳林市の事例
新たなコミュニティのあり方―アメリカの高齢者向けリタイアメント・コミュニティー、「フォーラム(The Forum)」の事例
高齢者が暮らしやすいコミュニティー―アーミッシュとの共通点)

著者紹介

堤 純子 (ツツミ ジュンコ)  
1957年生まれ。学習院大学文学部英米文学科卒業後、15年以上翻訳の仕事に携わる。その後現在まで、小学校英語講師、小論文添削指導、及び塾講師として、小中高校生の学習指導にあたっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)