• 本

人類と感染症、共存の世紀 疫学者が語るペスト、狂犬病から鳥インフル、コロナまで

出版社名 築地書館
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-8067-1611-2
4-8067-1611-1
税込価格 2,970円
頁数・縦 324P 20cm

商品内容

要旨

勝つための戦いではなく、ウイルス、微生物への敬意と警戒を抱いての対話である―現場知と深い思索が紡ぐ感染症とのつきあい方。ヒトが免疫を獲得していない未知の病原体が、突如として現れ人間社会を襲うようになった21世紀。コロナウイルスに限らず、新興感染症の波が次々と襲ってくるのはなぜなのか。―獣医師、疫学者として世界の人獣共通感染症の最前線に立ち続ける著者が、感染症の培養器となっている工場型畜産から、感染症を運ぶ渡り鳥やペットまで、グローバル化した人間社会が構造的に生み出す新興感染症とその対応を平易・冷静に描く。

目次

はじめに―私たち自身が微生物から進化し、微生物で構成されていることを忘れずに感染症と付き合うために
感染症対応入門―それは勝つための戦いではなく、敬意と警戒を抱いた対話である
人獣共通感染症の理解のための新しい枠組み
ペスト―人間、ノミ、ネズミ、そして社会生態システムの病
ライム病―マダニが媒介する新興感染症
アフリカ睡眠病、シャーガス病、リーシュマニア―サシバエとキス虫が運ぶ血液寄生虫
西部ウマ脳炎(WEE)、テレビ、エアコン
西ナイルウイルス―渡り鳥、蚊、水たまり
家禽の飼育と渡り鳥、そして食料生産の社会的、生態学的重要性に関する知識について
ニパウイルス、SARS‐CoV、SARS‐CoV‐2の物語
出血熱
レプトスピラ症とハンタウイルス
狂犬病
ペットと感染症
Q熱
白いペストとブルセラ症
包虫病
終章―まわりじゅうに、私たちの中にもいる微生物との対話と鋭く注意深い生態系意識

著者紹介

ウォルトナー=テーブズ,デイビッド (ウォルトナーテーブズ,デイビッド)   Waltner‐Toews,David
カナダ・グエルフ大学名誉教授。獣医師、疫学者、作家、詩人と多彩な顔を持ち、「国境なき獣医師団」創設者として、動物と人間の健康、コミュニティの持続可能な開発、貧困の解消に取り組んでいる。その著書はノンフィクション、小説、詩など多岐にわたる
片岡 夏実 (カタオカ ナツミ)  
1964年、神奈川県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)