• 本

昔のくらし昔の道具これなあに?

出版社名 幻冬舎
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-344-03746-5
4-344-03746-4
税込価格 1,430円
頁数・縦 127P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ふしぎな道具が173個。小学生必見!「昔の道具調べ」学習にピッタリ。くらしの道具のうつりかわりも学べる!

目次

第1章 庶民のアイデアに殿様もビックリ!!江戸のくらしと道具
第2章 西洋文化をまねして追いこせ 明治のくらしと道具
第3章 日本の「すごい」が花開く 大正・昭和のくらしと道具

出版社・メーカーコメント

いま当たり前に使っているもの、昔はどんな姿だったの?昔の炊飯器ってどんな形? 家電にはどんな歴史があるの?庶民のアイデアに西洋文化のまね、日本独自のアイデアが光る昔の道具たち。いま見るからこそ面白い!【目次】第1章 庶民のアイデアにビックリ! 江戸のくらしと道具・「家の中でもっと上手に火を使いたい!」から生まれた かまど・「冬もあたたかくすごせたらいいな」から生まれた 堀りこたつ・「もっとらくにあおぎたい」から生まれた 手回し扇風機・「もっとすばやく水をかけたい」から生まれた 龍吐水 ほか第2章 西洋文化のまねして追い越せ 明治のくらしと道具・「暑くても食べものを長持ちさせたい」から生まれた 冷蔵箱・「すわって用をたせたらラクかも…?」から生まれた 腰掛式便器・「遠くの人といつでも話せたらいいのに」から生まれた 電話機・「もっと速く走れたらいいのに」から生まれた ダルマ型自転車 ほか第3章 日本の「すごい」が花開く 大正・昭和のくらしと道具・「家でもスポーツや演劇を見られたらいいな」から生まれた テレビ・「いつでもどこでも電話がかけられたら」から生まれた ショルダーフォン・「自動車でらくに荷物が運べたらいいな」から生まれた オート三輪車・「楽しい自動販売機があったらいいな」から生まれた 噴水式自動販売機 ほか

著者紹介

春風亭 昇太 (シュンプウテイ ショウタ)  
落語家。1959年静岡県生まれ。1982年春風亭柳昇に入門。1986年春風亭昇太となる。独創的な新作落語が人気を博す一方、独自の解釈で古典落語に取り組み、新作、古典問わず高い評価を得る。NHK新人演芸コンクール優秀賞(1989年)、国立演芸場主催花形演芸大賞金賞(1999年)、第55回文化庁芸術祭(演芸部門)大賞(2000年)など、受賞多数。2006年日本テレビ「笑点」大喜利メンバーに加入、2016年に同番組6代目司会者となる。2019年公益社団法人落語芸術協会会長に就任。役者としてテレビや演劇への出演、ミュージシャンとの音楽活動など、ジャンルを越えて活躍している。趣味の「お城めぐり」が高じて、著書の発行や講演も。無類のレトロ好きで、昔の道具や昭和家電に造詣が深く、旧車愛好家としても知られる
小林 克 (コバヤシ カツ)  
石神井公園ふるさと文化館館長。1959年新潟県生まれ。1984年日本大学文理学部史学修士課程修了。専門は近世考古学、物質文化研究。1989年より東京都江戸東京博物館学芸員。開館時に常設展示作成、開館後は「掘り出された都市展」など様々な展覧会を担当。東京都写真美術館、東京文化会館等に勤務ののち、2014年まで「江戸東京たてもの園」園長。2015年退職、博士号取得。以後、日本大学芸術学部など数大学で博物館学、考古学の兼任講師をつとめる。2018年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)