• 本

さくら、うるわし

角川文庫 な52−7 左近の桜

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-04-109968-1
4-04-109968-4
税込価格 704円
頁数・縦 253P 15cm

商品内容

要旨

小旅館「左近」の長男桜蔵は、家族の誰から継いだものか、見えるはずがないものに魅入られやすい体質だ。父の柾に諦めるよう諭されても、桜蔵は平凡な生活を望むばかりだが、うっかりするうち次々に怪異に巻き込まれてしまう。耳を求めさまよう犬、男か女か判然としないマネキン、この世ならぬものが桜蔵の身体を求め…。生と性、死の気配が絡み合い、現と夢の境界をいとも軽やかに飛び越える、珠玉の連作幻想譚第3弾。

出版社・メーカーコメント

甘美な異界への誘い――匂いたつかぐわしさにほろ酔う連作奇譚集。円熟味を増す筆で長野まゆみが紡ぐ、甘美でエロティックな「左近の桜」シリーズ第3弾!

著者紹介

長野 まゆみ (ナガノ マユミ)  
東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)