• 本

転生佳人伝 寵姫は二度皇帝と出会う

角川文庫 み43−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-04-110967-0
4-04-110967-1
税込価格 748円
頁数・縦 299P 15cm

商品内容

要旨

大帝国・尤。非業の死を遂げた建国の祖・陶淵紫の寵姫・劉昭儀は来世で彼に再び会うため神に命を捧げた―200年後。武人・白花珠は実は昭儀の生まれ変わり。冬至節の日、彼女は若き皇帝・陶紫英を目にし忘れ得ぬ淵紫と同じ紫紺の瞳に運命を感じる。しかし式典の最中、紫英が暗殺されそうになる!花珠は必死に彼を護り、功績を買われ侍衛として仕えることに。だが紫英の周囲は不穏で…。ロマン溢れる中華転生ファンタジー!

出版社・メーカーコメント

陰謀渦巻く宮廷で、皇帝の命を守れ! ロマンあふれる傑作中華ファンタジー剣の能力を買われ、皇帝・淵紫英の警護係を任された女兵士・花珠。いざ警護についてみると、皇帝は愚かで頼りなさげ、おまけに宮廷内では皇帝の暗殺を企てる不穏な動きがみられ――?

著者紹介

三川 みり (ミカワ ミリ)  
第7回角川ビーンズ小説大賞“審査員特別賞”を受賞し、『シュガー・アップル・フェアリーテイル銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)