• 本

ばあさんは15歳

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-12-005377-1
4-12-005377-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 358P 20cm

商品内容

要旨

高校入学を目前に、ふとした異変で昭和にタイムスリップしてしまった菜緒。愛想なしの祖母を相棒に東京タワーから始まる物語は、出会いと発見にあふれて…。封印されたばあさんの過去。取り返しのつかない出来事を、菜緒は覆すことができるのか!?

出版社・メーカーコメント

高校入学を目前に、ふとした異変で昭和にタイムスリップしてしまった菜緒。時はオリンピック前年。口が悪く愛想なしの祖母を相棒に東京タワーから始まる物語は思わぬ出会いと発見にあふれて――朝ドラのように爽快で、ラストに涙が待っている小説家・阿川佐和子、初の新聞小説

著者紹介

阿川 佐和子 (アガワ サワコ)  
1953年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。エッセイスト、作家。99年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、08年、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年、『聞く力―心をひらく35のヒント』がミリオンセラーとなった。14年、菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)