• 本

神様のお膳 毎日食べたい江戸ごはん

ことのは文庫

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-86716-103-6
4-86716-103-9
税込価格 759円
頁数・縦 287P 15cm

商品内容

要旨

派遣切りに遭い、貧乏まっしぐらな楠木璃子は、強引なイケメン神様・伊吹に見初められ、現世と幽世のはざまにある「東京・日本橋」にひっそりと佇む不思議な旅館『たまゆら屋』の若女将候補に。逃亡した板前に代わり、いきなりまかない飯を作ることになった璃子は、江戸料理を現代風にアレンジした「まかない江戸ごはん」で、神様やあやかしたちの心を癒していくのだが―。人ならざるモノと「ごはん」で心を触れ合わせ、成長するちょっと人生に躓いた女子のリスタート&初恋物語。

出版社・メーカーコメント

江戸料理を現代風にアレンジしたまかない飯を通して神様やあやかしと心を触れ合わせる、派遣切りにあった就活女子のリスタート物語。

著者紹介

タカナシ (タカナシ)  
福岡県出身。2017年より小説投稿サイトへの投稿をはじめ『カモフラ結婚 交際ゼロ日、夫婦はじめました』(メゾン文庫)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)