• 本

世界一ポップな国際ニュースの授業

文春新書 1266

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-16-661266-6
4-16-661266-2
税込価格 935円
頁数・縦 245P 18cm

商品内容

要旨

映画を観るように、わかりやすい国際ニュースの本を作ることができないものか?直木賞作家が東大教授にもちかけると、映画好きの教授は二つ返事で引き受けた。前代未聞の騒動にまでなったアメリカ大統領選挙から、中東で第三次世界大戦が勃発する可能性、各国の映画にみる国民性にまで話題は及び、留まるところを知らない。かつてなかった、しなやかで軽やかな国際情勢入門。

目次

第1章 アメリカ―自由の国の根幹はポップカルチャーにあり(新型コロナと大統領選挙
「ブラック・ライブズ・マター」 ほか)
第2章 肥大するチャイニーズドリームと朝鮮半島の宿命(天安門事件後に中国を擁護した日本
ソ連と中国の違い ほか)
第3章 ヨーロッパ統合の理想は崖っぷち(憧れのヨーロッパも今は昔
EUへの道は第二次世界大戦から ほか)
第4章 ロシアと中東―第三次世界大戦の「パンドラの匣」(「新冷戦」が始まっているのか
誰も冷戦終結を予想できなかった ほか)
第5章 日本―この世界でどう生きるか?(日本を特殊と思いたがる日本人
ナショナリズムというフィクション ほか)

著者紹介

藤原 帰一 (フジワラ キイチ)  
1956年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科教授・未来ビジョン研究センター長。東京大学法学部卒、同大学大学院博士課程単位取得満期退学。ジョンズ・ホプキンス大学高等国際研究院客員教授、米国ウッドロー・ウィルソン国際学術センター研究員等を歴任
石田 衣良 (イシダ イラ)  
1960年東京生まれ。作家。成蹊大学卒業。広告制作会社勤務、フリーのコピーライターなどを経て97年「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。2003年『4TEEN』で直木賞、06年『眠れぬ真珠』で島清恋愛文学賞、13年『北斗 ある殺人者の回心』で中央公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)