• 本

「顔」の進化 あなたの顔はどこからきたのか

ブルーバックス B−2159

出版社名 講談社
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-06-522231-7
4-06-522231-1
税込価格 1,100円
頁数・縦 270P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

人間はもちろん、多くの動物には「顔」がある。目、鼻、口などのパーツが配置されているのも共通している。では、進化の過程で、現在の私たちの「顔」はどのように形成されてきたのだろうか。ヒトやその他の動物の「顔」は、それぞれの環境や食物摂取の方法などによって合理的に進化してきたようだ。本書では、人間を含む動物の「顔」にフォーカスを当て、生物学や人類学、進化学などの知見をもとに、なぜ動物や人間、そして日本人の「顔」が今のような形になったのかを詳しく解説している。たとえば、動物の口は顔の最前部についていることが多いが、それは前方に動くことで食物に出会い、摂取しやすくなるからであり、「はじめに口ありき」で進化してきたからだという。著者は人類学者で、国立科学博物館名誉研究員。人類形態進化学を専門とし、ジャワ原人の発掘調査に長年取り組む。NHKスペシャル「地球大進化」「病の起源」「人類誕生」など多くの科学番組を企画・監修。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2021年3月2日]

商品内容

要旨

人類学の第一人者が読み解く「顔からみた進化」。太古の生物の体の前端に、餌を効率よく食べるために「口」ができたとき、顔の歴史は幕を開けた。やがて「眼」「鼻」「耳」などの器官が集中した顔は、情報を受信するだけでなく、みずから発信もする、「見られるもの」へと進化した。顔は静的な部位ではなく、つねに情報とエネルギーが出入りしつづける場所なのだ。あなたの顔に刻まれている、そうした進化の意味を知れば、自分の顔をもっと慈しめるようになるかもしれない。

目次

序章 顔とは何か
第1章 動物の顔の進化(咀嚼器の進化
感覚器の進化
「柔らかい顔」の由来
顔の各部の大きさの違い)
第2章 顔の人類学(ヒトの顔は変な顔か
皮膚と毛の不思議
眼は口ほどにものを言うか
「縁の下」で働く鼻
口は食うより訴えたい
顔の脇役たち)
第3章 ヒトの顔はなぜ違うのか(人種による違い
性別による違い
角度や表情による違い)
第4章 ヒトの顔はどう進化したか(「人間らしさ」の獲得
人類の顔の進化
どのように顔を復元するか)
第5章 日本人の顔(最古の日本人の顔は「アフリカ由来」
縄文人の顔は南方由来か
弥生人の顔は北方由来か
徳川将軍家の顔
子どもたちの顔を鍛える)

出版社・メーカーコメント

「顔」とはなんだろう。そもそもなぜ顔はあるのか。どこからどこまでが顔なのか。なぜそこに顔があるのか。何がついていれば顔なのか。顔は何をしてきたのか。顔がない生きものと顔がある生きものの違いとは。人類の顔はなぜこうなったのか。東洋と西洋、男と女、大人と子供の顔はどう違うのか。これから顔はどう変わっていくのか。顔についてのあらゆる疑問に、人類形態進化学の大家が答える!

著者紹介

馬場 悠男 (ババ ヒサオ)  
人類学者。1945年東京都生まれ。国立科学博物館名誉研究員。1968年東京大学理学部生物学科卒業。獨協医科大学助教授を経て1988年国立科学博物館主任研究官、1996年同人類研究部長および東京大学大学院理学研究科生物科学専攻教授を併任。人類形態進化学を専門とし、ジャワ原人の発掘調査に長年取り組む。国立科学博物館の特別展を数多く企画するほか、多くの科学番組を企画・監修(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)