• 本

自己肯定感を上げるOUTPUT読書術

出版社名 クロスメディア・パブリッシング
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-295-40498-9
4-295-40498-5
税込価格 1,518円
頁数・縦 231P 19cm

商品内容

目次

第1章 人生を劇的に変える読書の威力(読書は食事である
コスパ最強の自己投資 ほか)
第2章 超効率的OUTPUTフローが、無限の可能性を引き出す(OUTPUTすると何がいいのか?
OUTPUT読書術の大原則 ほか)
第3章 OUTPUT読書術の具体的な方法(視界をデザインする
表紙と帯と目次から「仮説」を導き出す ほか)
第4章 絶対失敗しない選書の方法論(世界一の投資家から「選書」を学ぶ
選書は自分を知ることから ほか)
第5章 何をINPUTするのか?(INPUTとは自己形成である
INPUTバランスを整える―ノウハウ・事実・思想 ほか)

出版社・メーカーコメント

本書は、そんなあなたの第一歩を「読書×行動」、つまりOUTPUT読書術によって踏み出すことを提案している。読書はそもそもINPUTがメインだが、本書ではあえてOUTPUT―それは行動変容を促す第一歩の行為―だと定義している。OUTPUTをするということは、そもそも第三者や社会に対して、自分の考えを伝えるという行為に他ならない。それは、一個人の存在を屹立しなければ、この時代を乗り越えることができないことともいえる。著者は「渋い声」でお馴染みのアバタロー氏。書評YouTuberの中でもひと際異彩を放つ謎の人物である。

著者紹介

アバタロー (アバタロー)  
書評YouTuber。早稲田大学文学部卒業。日中はふつうのサラリーマンとして、某外資系企業にて管理職をしている。趣味である読書の延長として、書評YouTubeチャンネルを立ち上げたところ2020年1月に大ブレイク。「読書が苦手な人でも、古今東西の難解な名著がラジオ感覚で楽しめるチャンネル」として話題となり、本格稼働から僅か1年で、登録者数は15万人を突破(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)