• 本

「はやぶさ2」が拓く人類が宇宙資源を活用する日

出版社名 ビジネス社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-8284-2250-3
4-8284-2250-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

宇宙大国アメリカを猛追する中国。日本の宇宙開発が進むべき道はどこか?あなたの知らない最新の宇宙を「はやぶさ2」から解き明かす!

目次

第1章 小惑星リュウグウの歴史を紐解く
第2章 地球の水は小惑星からきた!?
第3章 「はやぶさ」2代の技術イノベーション秘話
第4章 宇宙資源を活用する時代の幕開け
第5章 米中の宇宙開発競争、そして世界の情勢
第6章 人類が宇宙で暮らす日
第7章 軽いプレッシャーと自信が日本を変える

著者紹介

川口 淳一郎 (カワグチ ジュンイチロウ)  
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構シニアフェロー、宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系特任教授。1955年青森県生まれ。1978年京都大学工学部機械工学科卒業。1983年東京大学大学院工学系研究科航空学専攻博士課程修了。工学博士。同年旧文部省宇宙科学研究所システム研究系助手に着任、2000年教授に就任。「さきがけ」「すいせい」「ひてん」「のぞみ」などの科学衛星ミッションに携わる。初代「はやぶさ」のプランを作り上げ、プロジェクトマネージャを務める。2010年6月、世界で初めて小惑星からサンプル(試料)を持ち帰ることに成功。「イカロス」「はやぶさ2」を立上げ、「はやぶさ2」ではアドバイザーを務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)