• 本

百田尚樹の新・相対性理論 人生を変える時間論

出版社名 新潮社
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-10-336416-0
4-10-336416-5
税込価格 1,375円
頁数・縦 206P 19cm

商品内容

要旨

時間の本質を知れば、人生が一変する。累計2000万部超!ベストセラー作家による目から鱗の思考法。

目次

第1章 すべては「時間」が基準(物理的な時間を長く生きても「長生き」にはならない
すべての道具は「長生き」のために作られた ほか)
第2章 現代社会と「時間」(人間社会は「時間」の売買で成り立っている
金を盗むのは「時間」を盗むのと同じである ほか)
第3章 時間はあらゆるものに交換可能(社会は「時間の交換」によって成り立っている
使わない金は石ころと同じである ほか)
第4章 私たちの「時間」を奪うもの(現代人が最も恐れるのは「退屈」である
娯楽の多くは退屈を恐れるために作られた ほか)
第5章 「止まれ、お前は美しい!」(恋愛の喜びは「時間の共有」にある
「慣れ」の恐ろしさ ほか)

出版社・メーカーコメント

人間社会のすべての基準は「時間」である。お金も物も、時間を換算したものにすぎない。そして、人生は有限だ。娯楽や労働による「時間の奪い合い」が激しさを増す現代、時間に振り回されず、自ら時間を支配する者だけが人生の勝者となる----。ベストセラーを連発する著者が見出した指針を余すところなく大公開

著者紹介

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  
1956年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等を担当。同番組では現在に至るまで30年以上に亘りチーフライターを務める。2006年、『永遠の0』で作家デビュー。小説作品として『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)等がある他、エッセイやノンフィクションでも多彩な知識を発揮。時事的な問題に鋭く切り込む新書も多数刊行する。毎週のように関西と東京を往復し、各地で講演会を行う等、忙しい日々の合間を縫って執筆に励んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)