• 本

ハヤブサの血統

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-04-108637-7
4-04-108637-X
税込価格 1,925円
頁数・縦 348P 19cm

商品内容

要旨

このままでは、空自は欠陥品を買わされる―大戦中の戦闘機「隼」の開発者を祖父に持つムサシ重工社員・光崎哲司は、異動を告げられた防衛部門で危機に直面していた。空自の次期主力戦闘機選定で、ムサシ重工が与した側でなく、競合の米ラッキード社F‐53が内定したのだ。だが、F‐53には米軍による墜落事故の隠蔽と、防衛事務次官・毛利の癒着の噂が…。光崎は国益のため、対立する日本の重工メーカー各社をまとめ、「国産」の戦闘機開発に奔走する!防衛問題に切り込む“逆転”企業小説!

出版社・メーカーコメント

「国産」の翼を開発せよ! 米国巨大軍需企業VS重工メーカー連合!米国の新型戦闘機は欠陥品だ――ムサシ重工に勤める光崎は、空自の次期主力戦闘機に内定したF−53が試験中墜落していたことを知る。米国が事実を隠蔽する中、光崎は国内各社の力を集結して国産機の開発に挑む!

著者紹介

鷹匠 裕 (タカジョウ ユタカ)  
1956年、兵庫県生まれ。東京大学文学部卒業。80年に大手広告代理店入社。コピーライター、CMディレクター、デジタルプロデューサーなどを歴任し、2016年に退職。12年、第4回城山三郎経済小説大賞最終候補。16年、第2回藤本義一文学賞特別賞受賞。18年『帝王の誤算 小説 世界最大の広告代理店を創った男』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)