• 本

東京藝大で教わる西洋美術の見かた 基礎から身につく大人の教養

出版社名 世界文化社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-418-20220-1
4-418-20220-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 264P 19cm

商品内容

要旨

これが藝大の美術史だ。作品のメッセージを読み解いて、鑑賞眼を鍛える!

目次

序章 古典古代と中世の西洋美術
ルネサンス―アルプスの南と北で(ジョット ルネサンスの最初の光
初期ネーデルラント絵画1 ロベルト・カンピンの再発見
初期ネーデルラント絵画2 ファン・エイク兄弟とその後継者たち)
ルネサンスからバロックへ―天才たちの時代(ラファエッロ 苦労知らずの美貌の画家
デューラー ドイツ・ルネサンスの巨匠
レオナルド イタリアとドイツで同時に起きていた「美術革命」
カラヴァッジョ バロックを切り開いた天才画家の「リアル」
ビーテル・ブリューゲル(父) 中世的な世界観と「新しい風景画」)
古典主義とロマン主義―国際交流する画家たち(ゲインズバラとレノルズ 英国で花開いた「ファンシー・ピクチャー」
十九世紀のローマ1 「ナザレ派」が巻き起こした新しい風
十九世紀のローマ2 アングルとその仲間たち)
モダニズム前夜のモダン―過去を再生する画家たち(ミレイとラファエル前派 「カワイイ」英国文化のルーツ
シャルフベックとハマスホイ 北欧美術の「不安な絵画」
ヴァン・デ・ヴェルデ バウハウス前夜のモダニズム)

出版社・メーカーコメント

本書は、東京藝術大学で実際に行われている講義に基づいて作られた西洋美術の入門書です。通史的に作品を概説するのではなく、著者の視点で選んだ個々の作品について、そこに込められたメッセージをわかりやすく読み解きます。クローズアップや補助線の導入など、読者の理解を助けるビジュアルも多用。楽しみながら、知らず知らずのうちに鑑賞眼が鍛えられることを意図しています。カルチャー・センターなどでは学べない作品も多数掲載。

著者紹介

佐藤 直樹 (サトウ ナオキ)  
東京藝術大学准教授。1965年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科後期博士課程中退。ベルリン自由大学留学、国立西洋美術館学芸課勤務を経て、2010年より現職。専門はドイツ/北欧美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)