• 本

救出 3・11気仙沼公民館に取り残された446人

小学館文庫 い7−6

出版社名 小学館
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-09-406878-8
4-09-406878-3
税込価格 880円
頁数・縦 281P 15cm

商品内容

要旨

「火の海 ダメかも がんばる」。2011年3月11日、気仙沼。津波とともに燃え盛る重油が公民館を取り囲んだ。避難民たちは孤立無援となる。ひとりの女性がスマホの電池の残量を気にしながら打った冒頭のメールがロンドンの息子に届いた。息子は救助を求める文面を必死に考え、発信した。このツイッター140文字が「偶然という名の必然」により東京のある零細企業の社長経由で東京都副知事に繋がり、東京消防庁へのヘリが救出に飛び立った!災害救助の「永遠のケーススタディ」となるべき奇跡の物語。

目次

第1章 「上さあがれ!」
第2章 三陸の海
第3章 津波と笛の音
第4章 海が燃える
第5章 命の箱船
第6章 人生で一番長い夜
対談 田原総一朗×猪瀬直樹―「446人のオーケストラ」が奇跡を起こした

出版社・メーカーコメント

「Twitter140文字」が生んだ「偶然」という名の「必然」とは。大震災から10年 未来へと記憶されるべきだ「善意の連鎖」の物語

著者紹介

猪瀬 直樹 (イノセ ナオキ)  
作家。1946年、長野県生まれ。1987年『ミカドの肖像』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『日本国の研究』で1996年度文藝春秋読者賞受賞。2002年、小泉首相より道路四公団民営化推進委員会委員に任命される。2007年、東京都副知事に任命される。2012年、東京都知事に就任。2013年、辞任。2015年、大阪府・市特別顧問就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)