• 本

生き抜く力

出版社名 海竜社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-7593-1742-8
4-7593-1742-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 203P 19cm

商品内容

要旨

どんな時代も、幾つになっても、生き抜くのは自分の力である!『愛と許しを知る人々』と『三秒の感謝』より抜粋し、再構成。著者の生き方の原点!

目次

生きる力(生きることは生易しくない
生き抜くには自分の力しかない)
生きる知恵(日本人の常識 世界の常識
心で金を計る 金で心を表す
小さなキリストになるために)
生きる自由(三秒の感謝
人間は天使にも悪魔にもなりうる
タダでパンと魚を食べた話)
生きる幸福(人間の真の分際
この世は過ぎ去っていく
失って得るもの
神は総ての人の中にいる
真実が人を動かす)
生かされて生きる(生かされて生きる
愛は耐え忍ぶ
神の前では皆五十歩百歩
覆われたものは現れる)

出版社・メーカーコメント

80代の後半を迎えた著者。しかし、その生き方の姿勢はぶれることもなく、キリスト教を土台に一筋に貫かれている。人間は、原則自分の食べるものは、自分で取りに行き、自分の力で生き抜かなければならない。力とは、金力、武力、体力、知力、徳の力、芸術の力、信仰の力、愛の力、そして、老いの力―−それぞれの力を自分の中に必要とする。コロナ禍の今、私たちに強いメッセージを発し、著者の生き方の原点をうかがい知ることのできる好エッセイ!新年におすすめしたい一冊です。

著者紹介

曽野 綾子 (ソノ アヤコ)  
1931年、東京生まれ。54年、聖心女子大学英文科卒業。79年、ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。93年、恩賜賞・日本藝術院賞受賞。97年、海外邦人宣教者活動援助後援会代表として吉川英治文化賞ならびに読売国際協力賞を受賞。98年、財界賞特別賞を受賞。1995年12月から2005年6月まで日本財団会長を務める。日本藝術院会員。2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表。日本文藝家協会理事。2009年10月から2013年6月まで日本郵政株式会社社外取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)