• 本

明治十四年の政変

インターナショナル新書 064

出版社名 集英社インターナショナル
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-7976-8064-5
4-7976-8064-4
税込価格 1,012円
頁数・縦 277P 18cm

商品内容

要旨

明治十一(一八七八)年、大久保利通が暗殺され、日本の舵取りは突如、次の世代―大隈重信、伊藤博文、井上馨、黒田清隆らに託された。彼らは議会開設、憲法制定、金融制度など、国のかたちと未来を決める難問に直面することとなる。しかし、政府内ではさまざまな思惑が絡み合い、不協和音が生まれ、「明治十四年の政変」へと発展していく。「複雑怪奇」と呼ばれる政変を、気鋭の政治史学者が鮮やかに読み解く!

目次

序章 「最も肝要なる時間」―明治一〇年代という時代
第1章 三傑後の「政治」―明治一一・一二年
第2章 薩長の角逐―明治一三年
第3章 第二世代の分裂―明治一四年前半
第4章 政変―明治一四年後半
第5章 それぞれの政変後―明治一五年以降
終章 再・「最も肝要なる時間」―明治一〇年代という時代

出版社・メーカーコメント

日本中が熱狂した政変の謎に迫る! 明治11(1878年)年、大久保利通が暗殺され、日本の舵取りは突如、次の世代――大隈重信、伊藤博文、井上馨、黒田清隆らに託された。彼らに託されたのは議会開設、憲法制定、貨幣制度など、「国のかたち」を作るという難問である。しかし、さまざまな思惑が絡み合い、政権内に不協和音が生じ、「明治十四年の政変」へと発展していく。大隈と福沢諭吉はつながっていた? マスコミに情報をリークしたのは誰か? 黒田がなぜ政権内にとどまれたのか? 五代友厚は官有物が欲しかった? 政変の黒幕は誰なのか? 政変が近代日本に与えたものとは? 「複雑怪奇」と呼ばれる政変にまつわる“さまざまな謎”を、気鋭の政治史学者が鮮やかに読み解く!――「終章」より 政変の当事者たちは、幻影に突き動かされて、議会開設の主導権をめぐる政治的アリーナに担ぎ上げられた。本書で述べてきたように、明治十四年の政変には、脚本家がいなかった。大隈、伊藤、井上馨、黒田、岩倉、井上毅、福沢らは、政治的アリーナに登壇する演者の一人であった。彼らのなかには、政治的アリーナに立たされたことに自覚的でなかった者もいよう。しかし、日本国中を熱狂させたそのアリーナからは、終幕を待たずに降りることが、誰にも許されなかった。こうしたなかにあって、伊藤の演技は巧みであり、しなやかであった。機をみるに敏であった。他方で、福沢は政治の中心におらず、大隈や岩倉、黒田も長く東京を離れていた。そう考えれば、伊藤には運もあった。演技、洞察力、運ーー「政治」には、これらの要素は欠かせない。――目次より抜粋 序章 「最も肝要なる時間」――明治10年代という時代維新の三傑と明治日本/三傑後の明治日本――本書の主要人物たち第1章 三傑後の「政治」――明治11・12年開明派三参議の台頭/積極財政の動揺第2章 薩長の角逐――明治13年財政論議/「国会年」としての明治13年第3章 第二世代の分裂――明治14年前半議会開設をめぐる政争と大隈の意見書/大隈意見書の波紋第4章 政変――明治14年後半開拓使官有物払下げ事件/政府内の分裂、そして政変へ第5章 それぞれの政変後――明治15年以降在野/政府内終章 再・「最も肝要なる時間」――明治10年代という時代

著者紹介

久保田 哲 (クボタ サトシ)  
日本政治史学者。武蔵野学院大学教授。1982年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得退学。専攻は、近現代日本政治史。博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)